愛犬と暮らす家

現代の暮らしと伝統工法の融合

伝統工法といっても今回は今の若い方たちの好みに合わせて空間に変化を持たせ、現代の暮らし方、デザイン感覚と伝統との融合した現代の伝統工法で木組を表した建物です。高級な材料は使っていませんが、山の木を使いこなしています。柱も梁もきれいな材もあれば節だらけのものも有ります、いろいろなんです。


IMG_2484

IMG_2366

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_2408IMG_2481IMG_1289023IMG_1355

IMG_2399007 里山で愛犬と暮らす家
造成前には栗の木4本、柿の木1本、梅の木1本ありました。とても良く実を付ける木でしたが、やむなく栗の木を1本残し、梅の木は近くに移植しました。

建物は職人さんが手で刻んだ伝統工法で造られています。木材料は国内の杉と桧の無垢材を使い、壁は昔ながらの竹で編んだ下地に荒壁を付け、漆喰を塗りました。断熱材も使っていますが、安全な杉の皮の加工品を使い、一部にペットボトルの再生断熱材も補足しています。

伝統工法といっても今回は今の若い方たちの好みに合わせて空間に変化を持たせ、現代の暮らし方、デザイン感覚と伝統との融合した現代の伝統工法で木組を表した建物です。高級な材料は使っていませんが、山の木を使いこなしています。柱も梁もきれいな材もあれば節だらけのものも有ります、いろいろなんです。いろいろがいいな~とおもいます。

わんちゃんのお部屋も作りました、洋犬なので臭いが心配ですが、今の所あまり感じないです。漆喰と杉板のおかげでしょうか?


施工例

  • リビングは無垢の梁柱が表しの木組空間

    愛犬と暮らす家

    現代の暮らしと伝統工法の融合
  • eyecatch_house_k

    K邸

  • eyecatch_house_e

    E邸

  • eyecatch_house_t

    T邸

  • eyecatch_shisetsu

    みらい寿 中島

  • eyecatch_saikou

    西光寺